5月22日

のらまるにライブを観に行く。

いつもの和かなもっちさんとうってかわり、演奏する姿が鬼神のようにりりしい。

ライブが終わってからも酒を飲み、料理をつまみながらゆっくりと過ごし、遅がけに来たロック青年に最近のメタル事情を教えてもらう。

イカした音楽を知るという喜びは楽しく、遅くまで酒を飲んで帰る。

5月21日

妻と薔薇を見るために須磨離宮公園に出かける。山陽電車に乗り月見山駅で降りる。駅名も美しい。

公園は噴水広場に薔薇が咲き、家族連れも多くのどかな夕暮れだ。

公園で薔薇を見てからは須磨に行きボナルーカフェによる。コーヒーもタコスも美味く、流れている音楽も心地よい。ドミンゲーニョスというブラジル音楽家を知るが、じっくりチェックしたい。


5月20日

妻と散策をしてから久々に三宮にレッスンに行く。

88鍵の電子ピアノが格安で売りに出ていたのでレッスン後に試奏をしてから購入を決める。

これでピアノ曲を家で久しぶりに練習出来る。

5月19日

豪華メンバーで久々にタンゴを即興的に弾く。自然でやりやすく曲も幅広い。メンバーが良いとやはり楽しい。

客席には久々に会う人もいて嬉しい。

楽しく嬉しい夜というのは酒が進む。

5月18日

昼間に船でピアノを弾いてから、夜はBIG APPLEで若手たちと各人が持ちよった曲で大いにジャズる。

回を重ねるごとに曲も増えバンドの一体感も増す。これで客席が賑やかになれば言うことなしだ。

5月17日

前夜の酒が残るまま昼過ぎまでゆっくり寝る。

起きてから昨日録音した音源を聴きなながら、妻と一日のんびりと過ごす。

5月16日

清野氏とのデュオ「デルロ」の録音で森ノ宮に行く。以前住んでいたあたりだがスタジオがあるとは知らなかった。

セッティングをのんびりとしてから二人で色々と演奏する。録音というので普段の荒々しさよりも端整さを心掛けて弾いてみる。清野氏の飲みっぷりも好調だ。

宵の口には予定曲を録り終え、聴き返しながら酒を飲む。抑えた内容に心地良さを感じる。

スタジオを出てCREEKに行き、三回ほど続けて聴きなながらのんびりと酒を飲み終電で神戸に帰る。

5月15日

昼からビッグアップルで千晶さんとのデュオで色々と弾く。

ライブが終わってから妻と待ち合わせて町中華を食べに行く。いつもながら美味だが安いのでたらふくと食べる。初めて頼んでみた麻婆茄子の茄子が溶けるように美味い。

食事をしてからは早々と家に帰り、翌日の録音の用意をしてから熱い風呂に入って寝る。

5月14日

京町家のガレットカフェでタンゴとファリャを弾く。昼と夜の二回公演だが合間に共演の藪下くんと散歩する。好天にも恵まれた日で気持ちが良い。

京都に来るということも最近は滅多に無いが、ゆっくりと散策をしてみたく思う。