1月29日

前日を教訓に開店30分前からPCR検査のために朝からドラッグストアに並ぶ。

開店を待つ間に並んでいる人の会話を耳き挟むと検査結果がわかるのには二日ほどかかるという。二日もかかるのであれば夜のライブには間に合うわけもなくバカバカしくなり家に帰る。美穂さんにミロンガ欠席ので旨を連絡する。

夕方に気晴らしで妻と公園に散歩に出かける。久々の散策は気持ち良い。

家に帰り久々にバンドネオンを練習して夜は「ストレイトアウトコンプトン」を観る。

ギャングスタラップ黎明期の青春群像劇だが、成功をおさめるにクラブDJをしているDr.ドレーがその当時のジョージベンソンのような出で立ちをさせられているシーンに心ひかれる。

1月28日

近所のドラッグストアでPCR検査を無料でしていると聞き開店前に店に行くとすでに6人ほどが並んでいる。

開店と同時に店内に入るが、今日は検査キットが少ないというので私の手前で打ち切られる。

仕方もなく、朝食のパンを買い家に帰る。

キサクさんにライブが参加出来ない旨を伝えて一日寝て過ごす。

1月27日

体調は回復した気がするので、コロナだったのかどうか検査をしようと思うが検査先は人が殺到している。検査キットも高い。

1月23日

急遽、代打で昼からビッグアップルでピアノを弾く。

正統派を心がけて色々弾くが楽しいひとときになる。お土産の酒粕も嬉しい。

1月22日

堺東に行ってから神戸に戻り、去年流れた波止場ジャズの振替ライブに行く。

三番手の出番だが、あやこさんとサダオカという黒人音楽系の両翼でソウルフルでフリーな音楽を演奏する。主催のジャズおじさんも破顔だ。

トリオの演奏が終わってからアンコールは出演者参加のジャムセッションになるが教秀さんのベースが強力で楽しい。オルガンでのベースはなかなか難しい。

1月21日

オルガンを弾いて翌日の波止場に備える。

が、出たとこ勝負の演奏になるのは目に見えているので、基礎練習をしてから後は気ままにオルガンを弾く。