4月29日

播州スラッジフォークと叙情派パンクという二本立ての一日だ。

昼前に家を出て春日野道に向かう。サダオカのホームである「のぞみ青果」は久々だが、やはりくつろいだ雰囲気が楽しい。短い時間でセッティングとリハを済ませてる。

ライブは1stがカニコーセンのソロだがいきなり面白すぎて引き込まれる。さすが噂に聞いていた通りだ。笑いあり涙あり、悲喜交々の音楽世界を聴かせてくれる。

2ndは三人での演奏になるが俄然と力も入り熱量の高いロックになる。終演後はカニグッズも購入し酒を飲みながら短い打ち上げを楽しむ。

春日野道から梅田に向かい演奏場所の「Bar大阪喫茶部」を探すが慣れない場所なのでギリギリの到着になる。

到着するなり冷えた瓶ビールで涼を取り、清野氏と二人で色々と演奏する。

久々に会うパンクな人々とゆっくりと飲んでから帰路に着き、翌日からの旅支度をしてから布団に潜り込む。