4月9日

ツアー二日目は関西だが、移動の前にトリオで岐阜の繁華街にある定食屋による。飾り気はないが落ち着く店であっさりとした豆腐鍋が前夜の酒を狂騒を和らげてくれる。

移動は在来線で大阪まで戻るが神戸に帰る時間もないので南森町のジャズ喫茶による。ハンサムなマスターと店に来ていた熱心なジャズファンの青年と話していたらすぐに時間が過ぎ伊丹に向かう。

伊丹でのライブは詩子さんの飛び入りもあり賑やかなものとなる。ゲンズブールを聴きながら泡盛を飲んでから家に帰る。

4月8日

Juntos春のミニツアーという事で神戸から岐阜へ向かう。関西外で演奏をするのは久しぶりだ。

岐阜のジャズスポットAfter Darkは壁に貼られたポスターの数々が老舗の歴史を語っている。黒ちゃんも久々に合うが豪快な人柄とスイングが熱く心地が良い。熱心な人々のおかげで初日からグルーブした演奏になり酒も美味い。

4月7日

明日からJuntosのミニツアーが始まるので練習をじっくりして一日が過ぎる。

夜は妻の作った焼きそばを食べてくつろぐ。

4月6日

前夜の寝落ちから久々によく寝て昼前に目が覚める。起きてからは近所を妻と二人で軽く走る。その後は事務作業をJuntosのミニツアーの前に終えようと一気呵成にまとめあげ夕方には終わる。

疲れたのでDoodolin’に飲みに出るが時短なので早々と退散し隠れ家の様子を見に行く。帰りには雨も止んでいる。

4月5日

夕方から船上演奏に向かうが時短なので早々と家に帰る。家に帰ると妻が豚しゃぶの用意をしていたので二人でたらふくと食べる。

たらふくと食べると昼からの演奏が続いたせいか急激に睡魔がおそってきたので、早々とそのまま一本の丸太のように眠る。

4月4日

前夜のデュアーズが残る中、昼から堺東に行きセッションをする。色々と楽しく弾く。

夜は元町に帰り大森さんの収録を見る。数々のジャズ談義が楽しい。

4月2日

妻と須磨に花見に行く。ボナルーカフェでタコスをつまんでから桜と海を堪能する。

夜は二人で新開地に行き、何を食べてもうまいと評判の店に行く。噂に違わず美味。帰る前に近所の公園で夜桜を見物して帰る。おおいに遊ぶ一日。

4月1日

昼過ぎに近所の公園を久々に走るが桜が満開と妻に聞いていたたのでそのまま二人で花見をする。

夕方から船上演奏に行くがその帰りも妻と夜桜をみにいく。桜の盛りは今週いっぱいのようだ。

3月31日

前日に石田さんから連絡があり夕方に喫茶業務をする。その後シアタージャジーでピアノをソロで弾く。曲は色々弾いたが最近音色をかえたのでピアノを弾くことが楽しい。

ちゃちゃい氏が聴きに来たので7月のグラントグリーントリビュートのフライヤーをもらう。先行きは見えない時世だが楽しみがあるのは希望もわく。